POIC®レーザー治療のお話

  • 入会はこちら
  • 会員専用ページ
  • オンラインカンファレンス
  • POIC®レーザー治療
のお話
  • POIC(R)ウォーター
のお話
  • プラズマレーザー研究会
  • 会員限定ページ
  • POIC研究会員限定交流広場
  • POIC研究会ホームケアドバイザー交流広場
  • STREAK臨床懇話会

※POIC研究会のfacebook会員限定で非公開のため、<参加リクエスト>を出してください。
会員と確認された時点で管理人によって<承認>が届きグループに参加できます。

レーザー治療とは?

レーザーってなに?

レーザーって何かしら?
初めて聞くから、ちょっと心配・・・・・。
そうだね。
でもね、歯医者さんや病院だけでなく、
みんなの周りでレーザーはたくさん使われているんだよ。

レーザーは、 どんなところに使われているのだろう?

例えば、みんながいつも音楽を聴くときに使うCDはレーザーを使って音を出しているんだよ。
それから、商品についているバーコードを読む機械もレーザーが使われているね。

レーザーの光は、 太陽や蛍光灯とどこが違うの?

いくつか大きな違いがありますが、一番際立った違いは、レーザーの光は「平行」に進むということです。
太陽や蛍光灯、懐中電灯の光などは、下記の図のように広がってしまいます。

それに比べて、レーザー光は、「真っ直ぐ(直進)」進みます。

この他に、人工的な光のため同位相性、単色光性などの非常にユニークな特長により、多方面に活用されています。
また、レーザー光は、特定の物質にしか反応しない特徴があります。
当院で使用しているレーザー装置は、例えば、健康な歯には何も影響せずにむしば菌に冒された歯のみを除去することが出来るなど、大変特殊なレーザーです。そのため、「健全で健康な部分」を傷つけることなく、安全に治療することができるのです。

レーザーにはどんな種類があるの?

レーザーには様々な種類があります。
それぞれに特徴があり、反応する色や物質に違いがあります。
その特徴を上手に利用して、様々な医療分野で使われています。

医療の各分野で使われている主なレーザーの種類と特徴

レーザーの種類 特徴 使われている分野
Nd:YAGレーザー 黒色色素・タンパク質・金属などに吸収されやすい 広く医療全般に使われている。
歯科では、歯周病の治療や疼痛緩和治療、虫歯予防などに応用されている。 当院で使用しているレーザーもこのレーザーです。
CO2レーザー
(炭酸ガスレーザー)
水に吸収されやすい特性を持つ 歯科にも多く使われている。
また、ホクロやイボ・アザやシミなどの治療に使われている。
Er:YAGレーザー
(エルビウムヤグレーザー)
水に吸収されやすい特性を持つ 歯科分野でも応用されている。
また、扁平母斑や浅いアザなどの治療に使われている。
半導体レーザー 色素に吸収されやすい特性を持つ 除痛治療や創傷治癒促進などにも多く用いられている。
He-Neレーザー
(ヘリウムネオンレーザー)
出力の低い赤色光のレーザー アレルギー治療や除痛などに使われている
色素レーザー
(ダイレーザー)
色素に吸収されやすい 赤アザや血管系異常の治療に有効といわれている。
エキシマレーザー   眼科の近視矯正手術などに使われている。

この他にも様々な種類のレーザーがあり、医療のあらゆる分野で活用されています。
近年では、人への医療だけでなく、動物などにも応用されているのです。

医療で使われているレーザー治療

次は、病院で使われているレーザーについてお話しましょう。
図の治療項目をクリックすると詳細を見ることができます。



目の治療

近視矯正、白内障、緑内障の治療などに使われています

鼻の治療

花粉症やアレルギー性鼻炎の治療に使われています。

肩こりの治療

神経の炎症を抑え、血流を良くすることで、痛みを緩和します。

腰痛の治療

椎間板ヘルニアの治療や、腰痛緩和の治療に使われています。

いびきの治療

レーザーで垂れ下がった口蓋垂などを切除することによりいびきを解消します。

体の中の癌などの治療

癌細胞のみを焼くことによって、正常な組織への影響を最小限にくいとめます。

火傷・キズ・手術跡の治療

色素沈着、凹凸や赤みなどをレーザーを使って目立たなくします。

小さな虫歯の治療
歯を削らずに、元の歯に戻しましょう。
今までは削って詰めていたのですが、一度削ってしまった歯は元に戻りません。レーザーを使って、再生治療をしましょう。
虫歯予防
虫歯になりにくい強い歯を作りましょう。
一生使う大事な歯だから、レーザーを使って硬くて虫歯になりにくい丈夫な歯に変えましょう。
大きい虫歯の進行防止治療
虫歯の進行を食い止めましょう。
たとえつめて治しても一度虫歯になってしまった歯は、どんどん虫歯が深くなりやすいので、今以上に歯が溶けてなくならないようにレーザー治療をしましょう。
歯の神経の治療
痛みを和らげ、より確実な治療をしましょう。
神経の治療の必要な歯は、たくさんのバイ菌で汚れています。きちんと滅菌し、悪くなった部分を掃除して、早く治します。
口内炎の除痛
痛みを薬を使わずに、すばやく緩和します。
なかなか治らなくて、とても痛い口内炎は、レーザーで痛みを取ってすばやく治します。

すべてがレーザーだけで治るわけではありません。また、症状や状態によっては治り方に個人差があります。
しかも、これまでよりずっと早く治ってしまうとしたら
どう思いますか?
そのご希望にお答えできるのが私達のレーザー治療なのです。
歯周病(歯槽膿漏)の治療
歯周病の早期治療と定期的なメンテナンスで 健康な歯肉を保ちましょう。
レーザーを使うことで今までよりも短時間で健康な歯肉を取り戻しましょう。そして歯周病の元になる歯石の除去などもレーザーで行なうことができます。 手術の苦痛の無いレーザー治療で健康で引き締まった歯肉を再生しましょう。
歯の神経を守る治療
歯の神経はとても大切。でき出来る限り神経を守る治療をしましょう。
大きな虫歯の場合、神経をとらなければならない程ひどくなっていることもあります。
レーザーを使って神経をなるべく守るようにしましょう。
知覚過敏の治療
歯のしみる原因をさぐり、元からレーザーで治療しましょう。
知覚過敏は、冷たい水がしみるなど辛いものです。レーザーを使って根本から原因を取り除きましょう。

すべてがレーザーだけで治るわけではありません。また、症状や状態によっては治り方に個人差があります。